飲食店をはじめるあなたへ 開店時の面倒な手続きを経験豊富な行政書士が徹底サポート 東京都・神奈川県を中心に一都六県のお客様に対応いたします

ダーツバー開業3つのポイント

Barの中でもダーツバーを開業する場合には注意すべきポイントが3つあります。

それはダーツ機の設置面積、遊興、接待行為です。

これは特にダーツバーと意識していないお店であっても、ダーツ機やゲーム機が設置してあるお店であれば同様に気をつけなければいけません。

ダーツの設置面積

ダーツバーで最も気をつけなければならないのは設置面積です。

ダーツバーを営業するときに、店内に好きなだけダーツ機を設置していいのでしょうか。

結論から言うと、風俗営業許可を取得せず、0時を超えて営業したいのであれば”デジタル”ダーツの設置面積が、お客が利用する部分の床面積の10%を超えないようにしなければいけません。

なぜなら、デジタルダーツは法律上はゲーム機とみなされるため、上記の基準を超えた場合には、風営法上のゲームセンターの許可を取らなければいけないからです。

なお、お客が利用する部分というのはトイレなどを含む床面積のことで、これは図面を作成するときの客室の床面積とは異なります*。

*警察署によって取り扱いが異なることがあります。

また、客室が複数ある場合であっても、お客の利用する部分全体の面積を基準に判断するのが原則です。ただし、各客室に対して10%だと思っている警察の担当者もいるため、そのような担当者の場合には、公安委員会に確認を取ってもらうとよいでしょう。

ここで注意しなければいけないのは、ダーツ機の設置面積は、本体だけでなく、スローラインまでを基準に計算するということです。

例えば、DARTSLIVE2 DXという機種だと、幅が800mmで奥行が637mmでスローラインまでが212cmです。

メートルに統一して計算してみると、0.8×(0.637+2.12)=約2.2㎡、となりますので、1台あたり22㎡の客室床面積が必要になります。

バーのイメージからすると、ちょっと広めのお店で2台置けるかどうかというところでしょう。

また、デジタルダーツ機以外にもスロットマシンなどを設置する場合には、それらも含めて計算しなければいけませんので注意しましょう。

なお、ダーツであってもハードダーツはゲーム機とはみなされませんし、ビリヤード台などもゲーム機とはみなされません。

もちろん「ダーツ機をたくさん置きたいからゲームセンターの許可を取る!」というのは全く問題ありませんが、その場合には営業できる地域と営業できる時間に制限がかかります。

許可を取った場合にお店の経営上最も問題となる制限は営業時間でしょう。

深夜酒類提供飲食店営業であれば時間制限はありませんが、ゲームセンターの許可を取った場合には、原則0時まで(一部の繁華街では1時まで)しか営業できません。

kawamoto

10%ルールを守っていないと無許可の風俗店営業になり、罰則も一気に重くなります。お店にデジタルダーツ機やデジタルゲーム機を設置する場合には、設置面積に注意しましょう!

0時過ぎたら遊興禁止

バーのように深夜酒類提供飲食店営業をするお店では、0時を過ぎてお客さんに遊興をさせてはいけないというルールになっています。

では「遊興させる」とはどんな行為でしょうか。それは例えば以下のような行為です。

  • お店にいる不特定のお客さんに歌、ダンス、ショウ、演芸、映画その他の興行等を見せる行為
  • 生バンドの演奏等をお客さんに聞かせる行為
  • のど自慢大会等お客さんの参加する遊戯、ゲーム、競技等を行わせる行為
  • 舞台装置を設けて不特定のお客さんにカラオケをさせる行為
  • 不特定のお客さんにカラオケを歌うことを勧める行為
  • 不特定のお客さんの歌をほめはやす行為
  • 客にダンスをさせる場所を設けるとともに、音楽や照明の演出等を行い、不特定の客にダンスをさせる行為

ちょっと言葉が古臭くてわかりにくいですが、要するにお店がお客さんに働きかけて楽しませるような行為です。

また、「不特定」という言葉が何回か出てきますが、これを「特定」のお客さんに向けてしまうと、次に書く「接待」になる可能性が高いので要注意です。

さて、本題に戻りますと、ダーツバーではよくハウストーナメントなどの大会が開催されますが、これはお客さんに「遊興させる」ことに該当します。

つまり、ダーツバーでダーツ大会を開催するときには、必ず0時前までに大会が終わるようにしなければなりません。

特定遊興飲食店とダーツバー

平成28年6月から、深夜に遊興をさせる業態として「特定遊興飲食店」という制度ができました。

この制度ができたことによって「ハウストーナメントが遊興させることになるのであれば、特定遊興飲食店の許可を取れば深夜営業をしながらダーツバーを営業できるのでは?」という質問を受けることがあります。

結論から言うと答えは「NO」です。

先程も説明したとおり、深夜酒類提供飲食店営業の届出をしているときには深夜に遊興させることはできないのでハウストーナメントを0時以降に開くことはできません。

では特定遊興飲食店の許可を取ればいいのではと思いますが、特定遊興飲食店の許可を取ったとしても、0時以降に恒常的にハウストーナメントを開催するとなると、今度は10%ルールが適用されなくなってしまうんです。

10%ルールが適用されないということは、ゲームセンターとして風俗営業許可を取らなければならないということです。

「恒常的」という言葉には解釈の幅がありますが、定期的にハウストーナメントを開くようであれば「恒常的」と判断される可能性はあるのではないかと思われます。

ということで、残念ながら、特定遊興飲食店という制度ができても、0時以降に定期的にハウストーナメントを開くことはできないため、これまでと同様の営業をせざるを得ません。

接待禁止

深夜営業をする場合はもちろん、ゲームセンターとして許可を取って営業する場合でも、風営法に定められた「接待」をすることはできません。

接待の詳しい説明はここでは省きますが、ダーツバーで主に問題になるのは、店員がお客さんと一緒にダーツをするという行為です。

これはほぼダーツバーでは常態化してしまっていますが、風営法上の「接待」にあたります。

つまり警察がその気になれば風俗営業の無許可営業で取り締まりが可能だということです。

どうしても店員がお客さんとダーツをプレイしたいのであれば、一度タイムカードを切るなどして退勤し、制服があるのであれば私服に着替え、お客さんの立場で入店しなければなりませんが、これすらもNGとされる可能性はあります。

まとめ

このようにダーツバーを営業する際には色々な注意点があります。

3つめに紹介した「接待」をしてしまったりすると、理屈のうえでは無許可の風俗営業として逮捕される可能性もある厳しいルールなので、違反しないようにしなければなりません。

行政書士法人シグマでは、ダーツバーの飲食店営業許可、深夜酒類提供飲食店営業の届出の代行をしております。手続きでお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

price_02

03-5843-8541

03-5843-8541

武蔵小杉オフィス

〒211-0005
神奈川県川崎市中原区新丸子町911番地
マンション壹岐303号

銀座オフィス

〒104-0061
東京都中央区銀座一丁目13番1号
ヒューリック銀座一丁目ビル4階