飲食店をはじめるあなたへ 開店時の面倒な手続きを経験豊富な行政書士が徹底サポート 東京都・神奈川県を中心に一都六県のお客様に対応いたします

飲食店の手洗いの位置と数とサイズ

イメージ

飲食店営業許可を取得するときに注意が必要なことのひとつに、手洗いの位置、数、サイズがあります。

手洗いの位置と数

自治体にもよりますが、最低でもお客様が使うための手洗いをトイレにひとつと従業員が使うための手洗いがひとつずつ必要です。

東京都では上記のような運用をしている自治体が多く、神奈川県では上記以外に客席にひとつ手洗いを設置しなければならないことが多いです。

手洗いの場所に注意が必要な業態としてラーメン屋が挙げられます。特にカウンターのみの小型店では、店舗面積の半分前後が厨房ということも珍しくありません。

中でも神奈川県内の多くの保健所など、トイレ内だけでなく、客席にも手洗器の設置を要求されるエリアでは要注意です。

  • 客席が狭いため、小さい手洗いを設置したら保健所の要求するサイズを満たしていなかった
  • トイレ内が狭いので、水洗便器上部の水が流れる部分を手洗器としようとしたが、保健所からNGが出て、トイレ内への手洗器の設置が必要になった
  • 厨房が狭いので従業者用の手洗器を小さいものに変更したら保健所の要求サイズを満たしていなかった

こんなことが現実に起こります。ラーメン屋の他にもバーも比較的多いです。

手洗いの位置は、一度工事が終わってしまうと簡単に変えられません。水道管を伸ばしたりするだけでも数十万円以上かかることがほとんどですし、場合によっては床を掘り返したりしないといけないこともありますのでかなり費用がかかります。

居抜きではなくスケルトン状態から内装工事を行うような場合には、事前に保健所に図面を持参して相談するのが確実です。

お店をオープンしようとしている場所の近くの飲食店に実際に行ってみるのも良いかもしれません。

手洗いのサイズ

手洗いの具体的なサイズは法律で規定されているわけではありませんが、各自治体で基準が決められています。

例えば東京都では多くの保健所で、幅36cm×奥行28cm以上という基準があります。

これはあくまでも目安なので、保健所ごと、担当者ごとにどの程度厳格に運用されるかには差があります。

1cmでも足りなければ不合格とされることもありますし、性能上問題無ければ多少サイズが足りなくても認めてくれるというケースもあります。

スペースの関係などで設置が難しい場合などは、その旨を事前に相談すれば、ある程度柔軟に対応してくれる場合もあります。

最近ではデザインに凝ったおしゃれな手洗器などもありますが、形状が特殊で極端に深さが足りないなどのケースでも不合格とされることがありますので、変わった形状の手洗器を使いたい場合にも事前に保健所に相談するのが確実です。

kawamoto

保健所の現地調査で手洗いのサイズ不適合を指摘されると、そこから手洗い交換の工事をしなければならず、オープン予定日が遅れてしまうこともありますので、注意しましょう!

消毒器について

手洗いには消毒器も備え付ける必要があります。

消毒器というと大袈裟ですが、いわゆるハンドソープと考えて問題ありません。よく飲食店で目にするような樹脂製の容器の中に緑色の手洗い洗剤が入っているもののことです。

消毒器は、壁や手洗器にネジなどで固定しないとダメという保健所が多いですが、中には市販のポンプ式のハンドソープが置いてあればいいという保健所や、両面テープで底を貼り付けていればいいという保健所もありますので、何らかの事情で固定式を避けたい場合には保健所に相談してみるのもよいでしょう。

行政書士法人シグマに飲食店営業許可申請手続きの代行をご依頼いただければ、このような保健所との事前調整も全て行いますので、開店準備で忙しいオーナーの方、保健所に何度も行くのが大変という方をはじめ、飲食店の開店でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

price_01

03-5843-8541

03-5843-8541

武蔵小杉オフィス

〒211-0005
神奈川県川崎市中原区新丸子町911番地
マンション壹岐303号

銀座オフィス

〒104-0061
東京都中央区銀座一丁目13番1号
ヒューリック銀座一丁目ビル4階