飲食店をはじめるあなたへ 開店時の面倒な手続きを経験豊富な行政書士が徹底サポート 東京都・神奈川県を中心に一都六県のお客様に対応いたします

相席居酒屋と風営法

66fba99ce353d24fc6f6c7532f6cb1d2_s

最近ではすっかり定着してきた感もある相席居酒屋。

お店側が、知らない人同士を相席させてくれるお店です。男性客と女性客を相席させ、女性は低価格で飲食ができ、その分のお金を実質的に男性が負担するというお店が多いようです。

男性と女性の出会いを斡旋していますし、風営法の許可がいるのでは、と考える方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は相席居酒屋と風営法について考えてみたいと思います。

キャバクラやホストクラブとは違う?

相席居酒屋を男性か見れば、女性とお酒が飲めるお店です。女性から見れば男性とお酒が飲めるお店です。

こう考えると、キャバクラやホストクラブと同じようにも思えます。

これらのお店は風営法2条1項1号に規定されているため、1号営業と呼ばれます。

では、どのようなお店が2号営業に該当するかというと、

キヤバレー、待合、料理店、カフエーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業

です。

ここのポイントは”客の接待をして”という部分です。

相席居酒屋では、キャバクラやホストクラブのようにお店側の人がお客を接待するわけではありません。

あくまでも単にお客同士が相席をしているだけです。

つまり相席居酒屋は風営法の1号営業には該当しないということになります。

出会い喫茶とは違う?

次に思い浮かぶのは、出会い喫茶とは違うのか、ということでしょう。

出会い喫茶も風営法で届出をしなければならないとされていますが、さきほどと同様にどのようなお店が該当するか見てみましょう。

店舗を設けて、専ら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際(会話を含む。)を希望する者に対し、当該店舗内においてその者が異性の姿態若しくはその画像を見てした面会の申込みを当該異性に取り次ぐこと又は当該店舗内に設けた個室若しくはこれに類する施設において異性と面会する機会を提供することにより異性を紹介する営業(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行令第5条)

今度はさっきより少しややこしいですね。

まず問題になりそうなのは、「異性の姿態若しくはその画像を見てした面会の申込みを当該異性に取り次ぐ」という部分ですが、相席居酒屋では、相席相手を選ぶことができないということがほとんどのようですので、「お店を見渡して好きな相席相手を選べる」というのでも無ければ問題無さそうです。

後半部分では、「異性と面会する機会を提供することにより異性を紹介する営業」には該当してしまいそうですが、「個室若しくはこれに類する施設において」という部分があるので、「個室で相席させている」というような事情がなければこれも問題無さそうですね。

このように考えてみると、一定の注意は必要ですが、相席居酒屋という業態だからといって必ず出会い喫茶営業になるというわけではないと言えます。

デートクラブとは違う?

ではいわゆるデートクラブには該当しないでしょうか。

デートクラブもこれまで同様にどのようなものが該当するか見てみましょう。

客と他の異性の客との間における対価を伴う交際を仲介する営業

シンプルな分、該当範囲は広そうですね。

まず、「客と他の異性の客との間・・・を仲介する営業」というのは該当しそうですよね。

そうなると「対価を伴う交際」という部分をどう解釈するかが問題になってきます。

「交際」という言葉は広い意味に捉えることができますので、いわゆる「男女交際」というような恋人同士を想定したような意味だけでなく、単に一緒にお酒を飲むことも「交際」に含まれる余地はありそうです。

次に「対価を伴う」という部分ですが、相席居酒屋では女性は無料もしくはかなり安い金額で飲食ができ、男性がその分を実質的に負担するというケースが多いようなので、解釈次第では「対価を伴う」と言えるかもしれません。

となると、微妙ではありますが、デートクラブに該当すると考える余地はあると言えるでしょう。

ただし、デートクラブは風営法で規制されているわけではなく、条例で規制されていて、その条例があるのは現在のところ東京都だけですので、東京都以外では問題にならない可能性もあります。

まとめ

このように見てみると、現状では、いくつかの条件を満たしていれば相席居酒屋が風俗営業許可を取らなければいけないということは無さそうです。

ただし、東京都にあるお店では、デートクラブの届出をしなければならない可能性はわずかに残りますが、かなり微妙なところなので、警察が無届出のデートクラブ営業として相席居酒屋の摘発に踏み切るようなケースが生じない限りは届出が必要とは必ずしも言い切れない状況だと思われます。

とは言っても、その他の飲食店のルールは守らなければなりませんので、5平方メートル以下の広さの個室を設ければ風俗営業許可が必要になりますし。無許可で接待行為をしたり、深夜にお客を遊興させたりしてはいけないというのは他の飲食店と同様という点には注意が必要です。

このように、現在は飲食店営業許可と、深夜営業をする場合には深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出のみで営業できると考えられる相席居酒屋ですが、例えば売春の温床になるであるとか、サクラを使ったボッタクリが頻発するなどの問題が発生すれば、今後規制がかかっていく可能性は充分に考えられます。

03-5843-8541

03-5843-8541

武蔵小杉オフィス

〒211-0005
神奈川県川崎市中原区新丸子町911番地
マンション壹岐303号

銀座オフィス

〒104-0061
東京都中央区銀座一丁目13番1号
ヒューリック銀座一丁目ビル4階