飲食店をはじめるあなたへ 開店時の面倒な手続きを経験豊富な行政書士が徹底サポート 東京都・神奈川県を中心に一都六県のお客様に対応いたします

居酒屋が0時を過ぎて営業するときには、飲食店営業許可だけではなく、警察へ深夜営業の届出をする必要がありますが、個室居酒屋ももちろん例外ではありません。 ここでは、個室居酒屋を開業する際の注意点を紹介します。 個室の面積 個室居酒屋をやる場合に最も注意が必要なのは個室の面積です。 深夜酒類営業をする場合の飲食店に関しては、客室の床面積について以下のようなルールがあります。 客室が1室だけのときには床…

»…の続きを読む

Barの中でもダーツバーを開業する場合には注意すべきポイントが3つあります。 それはダーツ機の設置面積、遊興、接待行為です。 これは特にダーツバーと意識していないお店であっても、ダーツ機やゲーム機が設置してあるお店であれば同様に気をつけなければいけません。 ダーツの設置面積 ※2018年9月25日追記 未確認情報ですが、デジタルダーツ機とシミュレーションゴルフが風営法のゲーム機の対象から外れたとの…

»…の続きを読む

約10年前に登場した「ガールズバー」という業態もずいぶんと一般的になりました。この記事ではガールズバーを開業する際の注意点について紹介していきます。 必要な手続き まず、ガールズバーを開業するにあたって必要な手続きを考えてみますと、ガールズバーであっても飲食店ですので、飲食店営業許可は当然必要になりますし、消防への防火対象物使用開始届出も必要となります。 バーということで、お酒がメインの業態と考え…

»…の続きを読む

バー(Bar)や居酒屋を開業するときには、保健所から飲食店営業許可を取るだけでなく、警察への届出が必要になることがあるので注意しなければいけません。 警察への届出が必要な場合 警察への届出が必要な飲食店は、主にお酒を提供する店で、夜0時以降の深夜にも営業するお店です。 バーはお酒がメインの飲食店なので、夜0時以降に営業したいときには警察への届出が必要になります。この届出は、正式には「深夜酒類提供飲…

»…の続きを読む

03-5843-8541

03-5843-8541

飲食店に関する記事

武蔵小杉オフィス

〒211-0005
神奈川県川崎市中原区新丸子町911番地
BRAVI武蔵小杉303号

銀座オフィス

〒104-0061
東京都中央区銀座一丁目13番1号
ヒューリック銀座一丁目ビル4階