飲食店をはじめるあなたへ 開店時の面倒な手続きを経験豊富な行政書士が徹底サポート 東京都・神奈川県を中心に一都六県のお客様に対応いたします

保健所から交付される営業許可書を受け取ったら、営業許可を取得する手続きは全て完了です。しかし後は何もせず、ずっとお店を開いていられるかといえば、そうではありません。 営業許可の更新申請をする 営業許可書は無期限に有効ではありません。5~8年の有効期限が定められています。期限が切れる前に、余裕を持って更新の申請をしましょう。 更新の手続きは、いくつかの書類(と手数料)を保健所の窓口へ提出します。 新…

»…の続きを読む

飲食店を始めるときやリニューアルをするときに、「内装どうしよう!」というお悩みをお持ちの飲食店オーナー様も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、我々シグマ同様に川崎に拠点を置くHACOLABO代表の平舘さんに、飲食店の内装についてお話を伺いました。 平舘さんは、18歳から内装の世界に入り、現場監督、商業空間の設計者として多くの経験を積み、2016年4月に独立されました。現在はHACOLABO代…

»…の続きを読む

飲食店を始める際には、物件契約時に火災保険に入ってそれで終わりという方も多いかもしれませんが、飲食店を運営していく上では飲食店特有の様々なリスクがあるように思います。 そこで、今回はその辺りについて教えていただくために、保険のプロに話を聞いてきました。 お話を聞いたのは、FP(ファイナンシャルプランナー)で行政書士でもある藤田淑美(写真左)さんです。 藤田さんは、FPとして保険の知識を駆使しながら…

»…の続きを読む

飲食店を開業するには平均して1,000万円の費用がかかると言われています。 ですが1,000万円を全額自己資金で用意できるという方はそれほど多くなく、融資を受けて開業しようという方がほとんどだと思います。 そこで、飲食店を開業しようとする多くの人が気になる開業時の融資について、飲食店創業融資のプロに話を聞いて来ました。 話を聞いたのは、神奈川県川崎市の川崎駅近くで公認会計士税理士事務所アクセルを運…

»…の続きを読む

「飲食店開業ガイド:事前準備編」では、飲食店を開店するときに、どのような事前準備が必要になるかを解説しました。 しかし、初めて飲食店を開業されるオーナー様が実際に困るのは、役所へ提出する書類の作成や、書類の提出についてではないでしょうか。 この記事では、飲食店営業許可の申請手続きについて説明します。 保健所への申請 飲食店営業許可はお店の所在地を管轄する保健所の窓口に申請します。部署の名前は自治体…

»…の続きを読む

飲食店を開業しようと思ったら、どのような順番で何を決め、そして何をすればよいでしょうか。 何店舗も飲食店をオープンさせてきたという方ならともかく、始めての開店の際には何かと悩むことも多いと思います。 そこで、あくまで一例ではありますが、飲食店開業のための手順を紹介します。 事業計画の作成 まずは事業計画が無ければ始まりません。 裕福な人が趣味でやるような場合や、税金対策で赤字でもいいからお店をやる…

»…の続きを読む

03-5843-8541

03-5843-8541

飲食店に関する記事

武蔵小杉オフィス

〒211-0005
神奈川県川崎市中原区新丸子町911番地
BRAVI武蔵小杉303号

銀座オフィス

〒104-0061
東京都中央区銀座一丁目13番1号
ヒューリック銀座一丁目ビル4階